1. トップページ
  2.  > 
  3. 採用情報

採用情報

◆社長メッセージ「薬剤師の方へ」
 薬剤師は医療のコーディネーター

昭和45年8月、先代 石川巳三雄が、静岡市小鹿の地に石川薬局小鹿店を開局。当時私は中学3年生でした。それまでサラリーマンの家庭に育った私は、一抹の不安と少しの期待を持ちながらその日を迎えました。当時、医薬分業は夢のまた夢の世界でした。薬と雑貨・ミルクなどの販売を主として生計を立てておりました。

私は父の勧めもあり、高校卒業後、東京薬科大学に進学し、父と同じく薬剤師の道を歩むことになりました。大学を無事卒業し、国家試験にも合格し晴れて薬剤師となり、静岡市内の総合病院に勤務いたしました。順調に思える人生でしたが、4年を過ぎたころ父がすい臓がんで倒れました。それまで薬局という職業に興味もなく自分は病院勤務で一生を終えるつもりでいた生活がガラッと変わりました。病院勤務が終わる夕方から薬局に入り夜9時まで営業を続けました。父が亡くなるまでの半年間繰り返しました。

当時の病院薬剤師の仕事は調剤マシーンでした。体力勝負の毎日でした。ところが薬局業務は違いました。お客さんが症状を訴えてきます。そして薬の選択を薬剤師に委ねます。私は頭を打ちつけられる気持ちになったことを今も鮮明に覚えています。病気の知識と治療薬の知識をマッチさせる今でいう「セルフメディケーション」でしょうか。そのやり取りがとても新鮮で、私は父の死後迷うことなく病院を辞め薬局に専念しました。26歳の時です。

それからは、がむしゃらに病態と薬、特に漢方薬を必死に勉強しました。幸い近隣の薬局の先輩方に手ほどきを受けることができました。昭和57年12月から3年間年中無休で働きました。そして薬局薬剤師の仕事は、医療のコーディネーターであるべきとわかりました。おりしも医薬分業が進展している最中、薬局で済ませる場合と医師へ紹介する場合とそのトリアージをするのです。

今、調剤を主体とする薬局の20%が一般薬を置いていないというデータがあります。効率の悪い一般薬を辞め調剤のみを取り扱う。確かに効率はいいでしょう。しかし、処方箋を持たなければ薬局に入れないといった現象が生まれています。私は、どんな相談でも気軽に訪れることができる薬局を作っています。それが薬局の役割であるからです。当社の基本理念は、こんな私の人生観から生まれました。最近の若い薬剤師さんは、症状をうかがって薬をお出しするという経験をされたことのない方がほとんどです。是非、薬剤師職能を磨いてください。興味のある方は、薬局見学や説明会等、参加可能です。ご連絡をお待ちしています。最後までお読みいただきありがとうございました。

代表取締役 石川 幸伸


石川薬局の採用サイトができました。
採用について詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://zefirusu-recruit.com/

◆先輩社員からのメッセージ
 処方箋調剤業務一筋から夢だった学校薬剤師へ

増井良幸 入社2年目(2014年現在)
私は石川薬局へ入社するまで処方箋調剤業務一筋でした。しかし石川薬局へ入社
し、多くの人たちと交流、様々な社内・社外研修へ参加するうちに、処方箋医薬
品だけでなく一般用医薬品等についても沢山学ぶことができました。それらを学
んでいくうちに処方箋調剤以外の事にも興味が湧き、今までならやれないだろう
と思って諦めていた事も、今ならやれるだろうと思うようになり、実際にやろう
という気持ちへと変わっていきました。
現在入社して1年と少しですが、私は学校薬剤師として1つの学校を担当させて
もらっています。実のところ学校薬剤師は一生やる事ができないだろうと諦めて
いた事の一つです。ですが、学校薬剤師をやりたいと上司や社長へ相談したとこ
ろ、その気持ちを汲み取っていただき快諾していただけました。皆さんも薬剤師
としてしたい事・やりたい事は沢山あると思います。そのやりたい事・したい事
の多くを実現できるのが石川薬局だと思っています。


「薬剤師」として誇りをもてる様々な研修や社内環境

石川沙織 入社1年目(2014年現在)
私がこの会社に入ってまず驚いたのが、研修に力を入れているという事でした。
医療用医薬品だけではなく、OTCの研修も定期的に行っており、社員全員が情報
を共有し、患者さまからの質問に誰もがこたえられるという社員教育が徹底され
ています。その会社の方針もあり、社員一人一人の向上心が高く、日々スキルア
ップをはかる努力をしています。
そこで身につけたことを生かし、患者さまに出来ること、患者さま一人一人の言
葉に耳を傾け、親身になって聞く。ここのような地域に密着した「かかりつけ薬
局」それこそが今必要とされている薬局の形なのではないでしょうか。この会社
は「薬剤師」として誇りを持てる会社だと思います。
また、知識、経験豊かな先輩方の下で働けるので、環境としてとても恵まれてい
ると思います。これからも患者さんとのつながりを大切にして身近な存在として感じていただける薬剤師でありたいと思います。


◆企業理念

ゼフィルスとは大型シジミ蝶の仲間の呼び名で、ギリシャ語で「そよ風」「さわ風」の意味があります。

基本理念
「おくすりに安心と安全をそえて」
・私たちは、おくすりを通じて質の高い医療サービスを提供し、お客様の健康と生活の質に貢献するために努力します。
・私たちは、地域社会に根ざした薬局として地域の公衆衛生の向上に努めます。
・私たちは、「和の心」を持って地域社会、お客様、従業員の幸福を追求いたします。

「私たちの信念」
・自信のある薬を差し上げたか。
・本当に親切であったか。
・充分に説明して差し上げたか。
・満足して帰られたか。
・努力に不足はなかったか。

◆会社概要

会社名 有限会社ゼフィルス

代表者名 代表取締役 石川 幸伸(公益社団法人静岡県薬剤師会会長)

本部所在地
〒422-8021 静岡市駿河区小鹿384番地
TEL:054-285-1896 FAX:054-284-0747

資本金 1,000万円

ホームページURL http://www.zefirusu.com/

メールアドレス info@zefirusu.com

事業所
石川薬局小鹿店(本部)
〒422-8021 静岡市駿河区小鹿384番地 TEL:054-285-1896

石川薬局ゼフィルス
〒422-8021 静岡市駿河区小鹿1丁目4番21号 TEL:054-280-2645

石川薬局曲金店
〒422-8006 静岡市駿河区曲金5丁目4番62号 TEL:054-654-8010

石川薬局沓谷店
〒420-0816 静岡市葵区沓谷5丁目12-11 TEL:054-208-8500

石川薬局北脇店
〒424-0052 静岡市清水区北脇580-52 TEL:054-367-5381

従業員数 40名

事業内容 医薬品販売、処方箋調剤、在宅訪問管理指導、化粧品、介護用品、衛生材料、日用品販売  不動産賃貸業

◆会社沿革

昭和45年 先代、石川巳三雄が静岡市小鹿の地に石川薬局小鹿店を開局
昭和57年 石川幸伸がその後を継ぐ。
平成  5年 有限会社ゼフィルスを設立、資本金300万円
平成  9年 石川薬局ゼフィルス出店
平成13年 石川薬局曲金店出店
平成15年 石川薬局沓谷店出店
平成24年 資本金1,000万円に増資。
平成27年 ゼフィルス店入居ビル「ラッフルズ」取得
平成28年 石川薬局北脇店出店

現在に至っております。

◆募集要項

■薬剤師
職種:薬剤師
勤務地:静岡市葵区・駿河区・清水区 店舗案内
給与:新卒の場合 26万円+薬剤師手当2.5万円=285,000円
賞与:年3回(7月・12月・3月)
就業時間:8:30〜19:00(実働週40時間)
休暇:日祝(週休2日)・年末年始6日・夏期3日
残業:月平均10時間以内
福利厚生:退職金制度・エクシブ施設利用可能 静岡市勤労者福祉サービスセンター加入 社宅制度あり

求人お問い合わせ先
お電話またはお問い合わせページからお問い合わせください。
電話:054-285-1896 石川薬局小鹿店 石川まで

石川薬局小鹿店の求人を医療介護求人サイト「ジョブメドレー」に掲載中!